会員権の形態

ゴルフ会員権の形態は、大きくこの2つに分けられます。

株主会員制

会員権は入会にあたり会社の株式を取得して株主となり、同時にクラブの会員となって優先的な条件で施設を利用する権利を認められる。
<熊本県内は熊本空港CCのみ>

預託会員制

会員は、預託金をゴルフ場へ預託することによって会員の資格が発生し、会社の所有・経営するゴルフ場施設を優先的に利用する権利を認められる。(民事再生・新規権販売により預託金がない会員権もあります)

会員権の種類

個人正会員

会員権で基本中の基本がこの会員権で、全国会員権の7割~8割が個人正会員です。平日はもちろん土・日祝日いつでもゴルフ場の施設を優先的条件で利用できます。

平日会員

基本的に平日のみゴルフ場施設を優先的条件で利用できます。
月~金、月~土の2種類あり、購入時に確認することが大切です。

法人会員

会社が取得し名義人となり会社の関係者が記名登録されるのが一般的で無記名もあります。

会員権購入・売却方法

会員権の購入

一般的には、会員権仲介業者に購入依頼することが最も安全・有利な方法です。(特に、ゴルフ会員権取引協同組合加盟店がより安心です。)
友人間等で売買されるケースもあるようですが、手続きが複雑・金額面での交渉等あとあとまでトラブルが発生しやすい場面もあり、圧倒的な情報量も加え、会員権会社への依頼が多いようです。
購入方法(ローン・支払い方法・準備物)等ゴルフ場により異なりますので当社スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

会員権の売却

有利な条件・安全面でも会員権会社への売却が多いようです。
ただし、売却に際し預託金の満期日を確認のうえ、預託金の返還請求を行った方が良いか?流通市場で売却をした方が良いか?十分に検討・相談をしたうえで結論を出された方がいいでしょう。
なぜなら、バブル時に高額で購入された方であれば、預託金の額面しだいでは返還請求をせず、流通市場で売却された方が税金の還付の可能性があり、預託金よりお手取り金額が高くなる可能性があるからです。
詳しくは、当社スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

入会条件

ゴルフ会員権を購入しても、入会条件に合わないとメンバーになれません。
入会条件は、ゴルフ場により異なりますのでご入会をご検討される前に必ず当社スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。